GREENLIFE.com

オシャレで世話も簡単なパキラの育て方を学んでいきましょう。

癒やしの存在

生活の中にグリーンがあると、心がほっと和みます。庭がある一軒家であれば、木を植えたり、季節ごとに咲く花壇の世話をしたり、家庭菜園で収穫をしたりと楽しみも広がるでしょう。大阪には植木屋が多数あり、プロに依頼して本格的な庭で四季の移ろいを愛でている家庭も少なくありません。また、もちろん庭がなくても自然の恵みを感じることはできます。自宅に観葉植物を置いて日々癒やされているというケースも多いです。狭いスペースでも充分植物のパワーで心が満たされていくでしょう。簡単に世話ができる観葉植物であれば、初心者でも安心して楽しむことができます。中でも、パキラは見栄えも良くて、育て方が難しくないと評判です。しかし、管理が行き届いてないと枯れてしまうこともあるので、基礎知識は身につけましょう。

パキラが枯れてしまう原因は?

根腐れ

パキラがより育つようにと水分を過度に与えることは逆効果になるため、禁物です。パキラは土の中の酸素を吸収するため、一度水分を与えたら土が乾くまで放置するようにします。水やりのタイミングに気をつけましょう。

日光

日光は不足しても、過度に当てても生育に影響が出ます。しかし、丈夫で健康な株にするためには、できるだけ最初から日光に当てて育てていくことが必要になります。ただ、強烈な日差しであれば葉が焼けて枯れてしまうので、薄手のカーテンで遮ったり、直射日光が当たらない場所に移動させて調整します。

根詰まり

ある程度株が育った場合は、適宜植え替えをしていくことがになります。サイズが合わない鉢であれば、栄養や水分が十分に行き渡らなくなりやがて枯れてしまうはずです。根っこがはみ出してきたり、株が大きくなってグラグラと安定しなくなったりしたら、一回り以上大きな鉢に変えていきましょう。パキラは成長が早いので、植え替えのタイミングを見逃さないようにします。

気温管理

生長に適正な温度は、20度から25度だといわれています。中南米が原産で、寒さや暑さにはそれほど強くありません。とくに冬であれば、昼間は日光に当てて、夜は暖かい場所へ鉢を移動させることがポイントになります。

病気・害虫

株が強く生長しなければ、病気にもかかりやすくなります。水はけの悪い土で根腐れを起こしかけると、カビなども発生しやすく、さらに株が弱くなってしまいます。虫もつきやすく被害が大きくなりますので、殺虫剤などでケアするといいでしょう。

[PR]

物置価格をサイトで公開中♪
低価格で利用できる製品を厳選リサーチ☆ 春に咲く植物を大公開!
ガーデニングを始めたいなら必見!

初めてでもトライしやすい

植物

少しの配慮で健康に!

庭や花壇があると、花や木を植えてガーデニングを楽しむことができます。芝刈りや剪定などのお手入れは定期的に必要ですが、可愛がっている分植物たちは生き生きと育ってくれるでしょう。そして、素敵な庭が完成するのです。しかし、庭や花壇が無い家に住んでいる方もいますね。そんな方は、観葉植物で室内やベランダを素敵に変えていきましょう。パキラは観葉植物の中でも人気が高い種類です。初心者でも比較的簡単に世話ができますし、何よりも見た目が可愛いと評判です。部屋に置いておくだけで、オシャレなカフェのような雰囲気を出すことができます。パキラは、観葉植物の中でも育て方が難しくないといわれていますが、日照時間や、水やりのタイミング、温度調整、根詰まりといった育てるためのポイントを最低限押さえておく必要はあります。

〇〇し過ぎないことが大切

水や肥料、日光など、生育に必要なものを過度に与え過ぎないことが大切です。とくに水分は毎日あげたくなるものですが、パキラはよく土の状態を観察してから水をあげることが必要になります。表面がしっかりと乾いていることが確認できたら、水やりのタイミングとなります。また、パキラは鉢植えする際、植え替えが必要になってくるので注意しましょう。一回り大きい鉢を用意しておく他にも土も必須になってきます。土を全部使い切る場合は良いのですが全部使いきれずにあまった分をベランダに放置するという人もいるかも知れません。雨が降った際に袋の中に雨水が浸入してきたりする恐れもあるので物置を設置しておくと良いでしょう。鉢なども収納することができますし、小さいサイズの物置であれば安価で購入することができます。小さいサイズの物置価格は1万円ほどとなっているので、無理なく購入することができると言えます。

[PR]

広告募集中